おすすめのSSD【2016年】 – パソコンを簡単に高速化しよう!

PCを簡単に高速化するならSSDがおすすめ!当サイトではおすすめのSSDランキング2016年版を紹介しています。メーカーや読み書き速度も記載しているので、SSDを知らない初心者でも購入時の参考に出来ます。選び方やSSD別のおすすめポイントも解説。PC起動も数秒に!SSDでストレスの無い生活を!

SSDはデフラグすると速くなる?また必要性は?

SSDデフラグ
そもそもデフラグとは?

デフラグとは、ハードディスクなどのストレージ装置(外部記憶装置)のデータを記録した領域を再配置し、各ファイルの記憶領域や空き領域がなるべく連続した状態にすること。 また、そのような処理を行うソフトウェア。

うーむ、聞き慣れない言葉が多くてわかりづらいですね。

要は、保存されているデータが断片化(バラバラになって)して、データ領域を賢くない使い方をしているので、賢く使おう、そのためには整頓すればいいというのがデフラグなんです。少しはわかりやすくなったでしょうか?

 

SSDはデフラグしたらダメ!?

ですが噂で「SSDはデフラグしない方がいい」という情報が流れていたりします。他にも「SSDはデフラグすると寿命が短くなる」などなど・・・。これらの情報は本当なのでしょうか?

必要性や効果を調べてみたところ、デフラグソフトによっては逆効果だったりするようです。それは、そのソフトがHDD仕様だからだそうです。

つまりSSD用のデフラグソフトを使えば良いということです。

 

SSDにおすすめのデフラグソフト

一番有名なのは「Defraggler(デフラガー)」というソフトです。フリーで使用可能。対応OSはWindows 10, 8.1, 7, Vista and XPです。

ちなみにPiriformというメーカーで、CCleanerなどが有名ですね。

Defragglerは必要最低限の処理で最適化してくれますので普通のデフラグより早く終わるようです。

ディスク状態が良好であればやる必要はないでしょう。断片化が目立つ場合は試してみる価値はあるかもしれません。

 




 

 

SSDにデフラグは必要かどうか賛否両論ですが、試してみる価値はあると思います。調べてみると書き込み速度が上がったなどの報告が多く見られました。構造的にデフラグをする意味が無い気もするのですが、やはり多少効果はあるのかも。

 

当サイトがおすすめしているSSDは→トップページからご覧ください。